インプットとアウトプットを制するものは学びを得る話

営業

みなさんこんばんホー。

フクロウです。
間違えました。
翔です。

みなさんはインプットアウトプットと言われて
最初になにを思い浮かべますか?

勉強? PDCA? 自己啓発に良く出てくるやつ?

インプットアウトプット

本質を知っているかどうかで学びの速さが変わり
スキルの身に付く速さが変わり
効率よく学べます。

本日は【インプット】【アウトプット】

について書いていきます。

インプット

インプット。

一言で言うなら覚えること、理解すること。
と思って頂いて大丈夫です。

小難しく考えなくていいです。
考えても良いですけど、考えなくて良いです笑

学生の頃沢山勉強しましたよね?
数学で新しい公式が出てくるたびに覚えましたよね?
理解するために復習しましたよね?

新しく入社した初日。
先輩社員に教えてもらったことをメモして
復習しましたよね?

知らないことを知ることができた。
出来ないことが出来るようになった。

これほど面白いことはありません。

インプットすることは楽しいことである。
このことに気づくことが出来るかどうか。

で、まずヤル気が変わってきます。

【よし、やろう!】
からスタートして
【面白い もっとやろう!】
になって欲しいです。

誰でも出来るインプット方法

インプット、という言葉が難しいですね。
普段からやっている

  • 見る
  • 聞く
  • 読む

がインプットになります。

そうです。
みなさん普段からやっているんです。

ただし、見たり聞いたりしたものを数時間後に
誰かに話せますか?

ということです。

見るだけでインプットになるので
外にある風景全部が勝手にインプットされ
自分が意識したもの以外は勝手に出て行ってしまいます。

普段から毎日ご飯を食べているので、
当たり前すぎて、昨日何作ったかな? 何食べたかな?
という経験は誰もが一度はしているはず。

でも、恋人が作ってくれた料理や
美味しい洋食屋さんやイタリアンなどは
次の日友達に話せるくらいには記憶に残っているはず。

自分が知りたい! と思って調べたことは大抵覚えてるはず。

自分がしっかり意識して覚えようとすれば
自然と頭の中に入ってきます。

数学の公式を使って問題を解いているとき
公式を意識していませんでしたか?

意識と無意識の差で
自分の中に入ってくる情報量は圧倒的に変わってきます。
沢山入ってくれば、あとはアウトプット。
整理するだけ。

インプット→アウトプットの回数が減るので
勉強時間の短縮や再復習など、別の時間に使えるようになります。

是非これから何か勉強しようとしている方は
意識しながらインプットしてみてください。

アウトプット

アウトプット

インプットしたことを
いつでも思い通りに外に出せること。

刺激を受けたことや、感銘を受けた事柄。
刺激を受けた出来事を友達に話せますよね。
怒られたことや、上司の嫌なところを愚痴にしてみたり。

実は全てアウトプットです。

自分から外に出すことは全てアウトプットです。
同じように日常的に話しているのもアウトプット。
TwitterやFacebookもアウトプット

僕がやっているこのブログもアウトプット。

そうなんです。
人間、生まれてから死ぬまでアウトプットはしているのです。

意識していないだけです。

アウトプットも意識しているかいないか。
たったこれだけで、身に付く速度が変わってきます。

みなさんは自動車学校の筆記テスト。
あの理不尽な問題をどうやって乗り越えましたか?

丸々暗記した人もいると思いますが、
何回も問題を解きませんでしたか?

そしてたまーに理不尽な問題に引っかかって
テキストを読み直しましたよね?

そうです。
アウトプット後にインプットしているのです。

日常茶飯事、みなさんアウトプットしていることに
まずは気づいてみましょう。

誰でも出来るアウトプット

みんさんがやっているアウトプットとは

  • 書く
  • 話す
  • 教える
  • やってみる(行動)

という普段からやっていることです。

僕がこうやって記事を書いているのも
本を読んでインプットしたものを
書きたい(アウトプット)と思ったから。

僕の整理のために書いていますが
書いて皆さんに伝えたいと思ったからです。

書きたい。
教えたい。

記事を書く(行動)

と実は行動の原則にもなっていたり。

例えば
テレビを見ていたら美味しそうな焼肉屋さんが
特集されていました。
調べてみると意外と近く、行きやすい立地。

ちょっと行ってみようかな?

となったことはありませんか?

食べ物の好みもあるので
当てはまらない人もいると思いますが、

特集を【見る】

調べる

行ってみようかな【行動】

つながっていますよね。

自然と行っていることは、
全てインプットとアウトプットなんです。

客観的に、言葉にして解説すると
僕も初めて「確かに……」となりました。

是非、友人に話してみてください。
話す前には、話すことを紙に書いて整理してからです。

僕のこの記事を読む【インプット】

紙に書いて整理する【アウトプット】

話す【アウトプット】

どうでしょう?
誰でも出来そうですよね!

普段やっていることを
意識的にやってみてください。

ところで……

先ほど
本を読んでこの記事を書きたくなった。
と書きました。

僕は優秀な人間ではないので
本を読んたことが切っ掛けで
この記事が生まれたのです。

樺沢先生の【アウトプット大全】です

見開きで一つのアウトプット方法を
イラスト付きで細かく解説している本です。

1つずつ解説しているので
どこで読み終わっても、次読む時に楽に読み進められるため
僕のアウトプット方法をより知りたい方は
是非手に取ってください。

 

【インプット大全】という
インプットするための方法も解説しています。

どちらから読んでも本の内容に直接的つながりはありませんが
発売順がアウトプット大全→インプット大全となっているため
インプット大全を読んでいるときに
アウトプット大全にも書きました〜といった箇所があるため
是非順番に読んでみてください。

この2冊を読み終えて
記事を書きたくなったし
この本を紹介したいと思いました。

是非。

まとめ

以上。
僕が樺沢先生の2冊を読んだために生まれた記事でした。

この本を読み終えて
わかりやすく凄かった……
という言葉にならない感覚を覚えています。

そして少しでも多くの人に伝えたくて今記事にしています。

この記事が切っ掛けで
本を手に取って頂けたら嬉しいし
本屋に行かない人でも、これを機に読んで欲しいです。

知れてよかった、と言って頂けると僕も嬉しいです。

 

コメント