【勉強法】ITパスポート勉強中! テキスト2冊読み切った結果!

営業

こんばんは。
翔です。

前回のモチベーション復活記事読んで頂いた方、ありがとうございます!
まだの方は是非一度読んでから、こちらの記事を読んで頂けると
より繋がりがわかるかと思います。

【書きたい!】書く気持ちが復活! モチベーションを元に戻した方法
皆さんこんにちは。 恐らく三ヶ月ぶりの記事になります。 書きたい気持ちがダウンしてしまい、気づけば三ヶ月経過していました。 ブログで専業している方ならまだしも、 気軽に書けるのがブログではないですか! なのに僕は【書き...

現在僕は【ITパスポート】という国家資格の勉強をしています。
ITとは名ばかりの、経営について書いてあったりマーケティングだったり。
ホームページには「ITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格」と記載があります。

が、実際に勉強していくとITに関する知識は30%~40%ほどでした。
残りは会社経営についてだったり個人情報派遣法が少し記載があります。
今記事を書いているパソコンの部品について書いてあったりするので、ITらしい専門知識はあまり出てきません。

身の回りで聞いたことある言葉がテキストで解説されていて、問題として出題されています。

今回は実際に僕が実施している勉強方法についてと現段階の結果をまとめて
読み切ったあとには皆さんが「〇〇 勉強方法」と検索しなくても自然と勉強できる方法を知ることが出来るので、是非最後までお読みください。

ITパスポートとは

ITパスポート受験してみようかなぁ?

そもそもITパスポートってなんだろう。

 

ITパスポートは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。
と、ホームページに記載があります。
ITパスポート・国家資格という名前から、凄い難しい専門性のある資格のようなイメージがあります。 僕はそうイメージしてしまって勉強する気が起きませんでした。
ですが、上記書いてあるように
専門的とは書いておらず
基礎的な知識が証明できる
と書いてあります。
思い込みって怖いですね!笑
専門的な難しい単語の数よりも
基礎知識的な部分が多いです。
基礎知識というだけあって出題範囲が非常に広いです。
販売しているテキストなどには約2500語 などと書いてあったりするくらいです。
多すぎ!
流石に2500語全部はまだ覚えていませんが
模擬テストは今のところ全て合格範囲にいます。
ITパスポート含む、勉強方法に困ったときは
是非僕の勉強方法を丸々真似してみてください。

合格基準

一言で言うと
1000点満点中600点以上
となっています。

ですが、その中でも

  • ストラテジ系(経営全般):35問程度
  • マネジメント系(IT管理):20問程度
  • テクノロジ系(IT技術):45問程度

3カテゴリ300点以上を取らなければいけません。

なので得意分野だけを勉強しておけばいい!
というわけではありませんので注意が必要です。

なんといっても基礎知識を証明できる資格ですから。
一部の知識不足では合格できませんよ! ということですね。

その中でもマネジメント系は出題数が少ないので
1問当たりの配点が高いです。

逆にテクノロジ系は出題数が多いため
ある程度ザックリとした覚え方で攻略出来ちゃいます。
身の回りのIT関係、パソコンやスマホについての単語も多数出てくるので
一番やりやすいところでもあります。

なので問題数が少ないマネジメント系を集中にして単語覚えると
過去問を実施したときに簡単に300点以上取ることも可能です。

勉強方法

お待たせしました!
僕が実施している勉強法をお伝えします。

テキスト2冊読むんでしょ?

え!? なぜわかったの!?

一番上に書いてあるよ

という茶番は置いておいて笑

【2種のテキストを読む】

という簡単な方法です。

皆さんは勉強をしていて
問題文と回答がピン! と来たことはありませんか?

それは覚えた単語が頭の中で自然と出てきているからなのですが
ピン!と来る状態を利用したものとなっています。

アハ体験 に近いかもしれません。

1冊目のテキストはしっかり読んで覚えるのではなく
この単語はこういう意味があったんだ!
という知らなかったことを知れた!くらいの感覚でサクサク読んでいきます。

2冊目で本格的にしっかり読んで
「あ! この単語見たことある!」
という単語と文章があるはずです、

ピン!となった状態ですね。

この繰り返しで簡単に覚えることが出来ます。

ノートに書きだすこともないので場所を取らず
テキストをカバンに入れておいて
ちょっとしたスキマ時間に読む

たったこれだけです。

僕は勉強を始めてから1度もノードに書きだしたことはありません。

勉強結果

僕はテキストに過去問DVDがついてあるものと
イラストで解説が書いてあるものの2種で勉強していました。

1冊目が

2冊目が

この1冊目の過去問及び
ITパスポート過去問道場
というありがたい過去10年ほど過去問を実施できるのですが
過去問テスト実施して20回ほどやっているのですが、
全て600点以上取れており、常に合格範囲にいます。

20回受験して20回合格出来ています。
読むだけで100%合格です。
凄くないですか?

実際の受験はこれからですが
絶対合格できる! という自信があります。

そしてもう一つ。
計算問題は全部捨てています。

計算問題は多くても4問前後の出題ですが
公式を覚えても問題文に対して読み解くのが難しいです。

計算問題を捨てても単語一つ覚えてしまえば配点を楽に得ることができますし
ノートに書いて何回も計算練習するのは疲れます。

読むのは疲れないですし、スキマ時間でできることなので
合格目指して沢山読んでいきましょう!

もう少し予算と勉強時間を抑えたい

僕は読んで覚える独学です。

なのでテキスト2冊代・2冊読む時間・過去問を繰り返す時間
このようにテキスト代とやることも多いため、それなりに時間は必要です

それならば誰かに教わるしかない、先生を探す必要があります。
とはいえ、今現在はなかなか外に出られないことも事実。

そういったスクールを探すのも善し悪しがわかりにくく
入会費も高いものが多い。

ITパスポートらしく、オンラインで資格取得を目指せる
オンラインスクールも今は沢山出ています。
企業研修向けのSchooなども有名ですね!

スマホとパソコンで資格学習 もできるオンスク.JPがあります。
たったの月額980円でオンラインを使って学ぶため
テキストを買わず、スマホ1台で勉強することが出来るようになりました。

いい時代ですね!

コンビニ弁当2回我慢すれば受けられますし
それで一生物の資格が身につきます。

僕みたいな独学方法が嫌な方も一定数いるのは事実。
誰かに教わりたい、対人方法を選ぶのであれば、是非申し込んでみてください。

最後に

僕も6月中の受験を狙っています。
前回の資格取得後、時間が空いたのでゆっくり勉強することができました。

お金を時間がある方向きの方法ではありますが
僕みたいなズボラな方はスキマ時間だらだら法を。
皆さんみたいなしっかり者はオンライン授業を。

どちらも資格取得に役立ちますし
合格後は他の資格取得を目指しても良し。
読むだけ勉強法であれば他の資格も楽に学べます。

〇〇 勉強方法」とは検索しなくて済みますね!
読むだけですし。

是非何か学んでいる人や挑戦している人は是非真似してみてください!

 

コメント